ヒックとドラゴン

今日は、神戸の方まで面接に行った帰りに
映画「ヒックとドラゴン」を観ました。
3D映画を観るのは、はじめて…
いや、「のび太のパラレル西遊記」の同時上映「ウルトラB」がたしか飛び出す3D映画でした。
赤と青のメガネをかけるやつで、飛び出してくるときはスローモーションになってたのを覚えてます。
さて、今の3D、すごいですね。
飛び出してきてびっくりさせるとか、そういうんじゃないんですね。今は。
こう、なんていうか、空間にあるって感じでしたね。
でも僕の場合、見始めてしばらくは、目玉がこそばゆい感覚に襲われて
これで2時間はつらいと思いましたね。
しばらくしたら治りましたけど。
というか、この日記の文章といったら、どうだい。
頭悪そうですよね。
僕の周りにいる人たちのブログと比べたら、知性のかけらも感じられないね。
まいってしまいますよ。まったくのはなし。
まあでも、しかたないですね。
話を、続けるとしますよ。
「ヒックとドラゴン」ストーリーの方はといいますと
へんにお涙頂戴じゃなくて、ほんとよかった!!
もう、痛快でほんとよかった!!
音楽もよかった!!
予告でやってたシュレックもおもしろそう。
しかし、上映中、僕が着てたスーツが汗臭くって、まいりましたよ。