AとB

今、iPhoneとかアンドロイドのアプリ用のマンガを描いてるんですけど、
この、マンガをアプリ化してもらうにあたって、ボリュームとか容量とかから
だいたい、50ページくらいで1つのアプリとして販売してもらってるんです。
この電子書籍のお話をいただいた当初は、今までに描いてきたものを、
ちょっと修正したり、おまけをつけたりして販売してもらおうって考えでいたんですけど
ここはやっぱり、どんどん新しいものを描いて、新作は電子書籍で発表して行こうって決めたんです。ある日突然ね。
で、はりきってるんですけど、50ページっていうのが、ぼくにとってなかなかの壁で
いままで、ながくても32ページとかしか描いたことがなくて
ここ一年においては、1、2ページで終わるマンガとか、
このブログにたまに描いてる4コマくらいしか描いてなかったので
フンとに完成するのかしらと不安になったりしながら、なかなかに大変です。
でもとにかく張り切ってて、2つのアプリを同時に進行してたりするんです。
Aのアプリは多分5話か6話で50ページくらいになると思うのですが
一話目の主線のペン入れが終わって、二話目の下書きが終わってて
三話目と最終話のネームが終わってて、残りのページであと1、2話入れられたらいいかなって感じの進み具合。
こちらは、ぼくにしては比較的構成をしっかり考えて描いてるので、
気合入りまくりでストーリーも一生懸命考えたマンガなんですが
その分アラもたくさんあるのだろうなと思ってます。
Bのアプリはアプリを作ってくださってる方と話してて、
こんな感じのものも描いてみたらどうかと提案されたものなんですが、
こちらは、もうてんで自由。「冒険少女」のノリで描いてて、とても楽しいです。
これは一話目のネームの途中なんですけど、何ページで終わるかもわかりません。
こっちは「冒険少女」や「痛快乙女みよちゃん」が好きな方は喜んでいただけるかもしれません。
なんか描いてる僕も水を得た魚のように描いてますモン。
てなわけで、まだいつ完成するかもわかりませんが、そんなマンガを描いてます。
iPhoneやスマートフォン持ってないよって方は
ある程度したら、これらのマンガを本にしようと思ってますので、ヨロシクお願いします。
いつになることやらわかりませんが、とにかく張り切ってガンバリマス。
就職活動のほうは送った履歴書が帰ってくる日々ですしね。