似顔絵のディスプレイ

ユーチューブで若かりし頃観た映画の予告編を見たりしてたら

(トラン・アン・ユン監督の『シクロ』とか

ウォン・カーウァイの『wkw/tk/1996@7’55”hk.net』)

今の映画にはない違う何か…

まあタバコとかジリリンなる電話とか

廃墟のような主人公の部屋とか、そういうのを見て

なんとなく取ってつけたような感じもしなくともないけど

やっぱかっこいいな、あのころこういうのに憧れてたなとか、

郷愁やらあのころの心の奥底にあったもやもやとかが少し思い出されて

がんばらないとなとか思いました。

こんにちはアシタモです。

★今週の「痛快乙女みよちゃんショート」★

今回は5コマでスッキリ描けたのでよかったです。

5コマで描けるとうれしいです。

あと、ちょっとだけ印刷のズレみたいなのもやってみました。

似顔絵のときのディスプレイ

さて、先日は京都五条の

松原京極商店街の花祭り&マルシェに

似顔絵&ライブマンガドローイングで参加してきました。

冬の間、似顔絵はお休みしていたので

けっこうひさしぶりで

ライブマンガドローイング用のイラストボードの準備も

直前までかかってしまいました。

マルシェへはいつも彼女と二人で

「イラスト工房hoga*raka」という

イラスト制作ユニットで参加してるのですが

冬の間、似顔絵のディスプレイの

見直しの話し合いも少ししておりました

いつも、似顔絵といっしょにマンガの本も販売してるのですが

そのディスプレイがなかなか難しくて

即売会のようなイベントとちがって

それほど数が売れるわけではないので、

平積みで見栄えするほど数もなくて

100均のワイヤーネットを駆使して陳列してたのですが

けっこう場所をとるし、見た目もいまいちで何とかしたいなと話しておりました。

そしてネットでいろいろ見ててみつけたのが

ダンダン段ボール」です。

在庫をどっちゃり見せるということはできませんが

すっきりきれいに本の表紙を見せることができるようになりました。

しかも軽いし、組み立ても簡単でした。

だいぶすっきりしたディスプレイに一歩近づきました。

途中、雨がぱらついたりもしましたが

マルシェの方は沖縄民謡で大盛り上がりして

似顔絵もお受けできてよかったです。

ありがとうございました。

コミティア124

5月5日、東京ビッグサイトで開催のコミティア124に参加します!

スペースNo【し19b】「アシタモ」です。

新刊もなんとか…ッ!