コミティア100に参加したこととか。

5/5、東京ビッグサイトで行われたコミティア100に参加してきました。
前日は張り切って、「これは何冊これは何冊…」って具合に大量の本を持っていこうとしましたが
出かける直前にやっぱり減らそうと、10冊ほど持っていく数を減らしました。
ぼくは職場が京都なので、京都駅近くまでの定期があるので新幹線は新大阪からじゃなく京都駅から乗ります。
新幹線に乗って席について、コーヒーとかを飲みました。
富士山がきれいに見えました。
大きかったです。
品川で降りて山手線に乗りました。
山手線はすごい勢いで電車が入ってくるので、通過の電車かな?と思ったらそうじゃなかったのでおどろきました。
前回来たときも同じことでおどろいたことを思い出しました。
大崎で新木場行きのりんかいなんとかに乗り換えると、新木場行きという電車が別のホームにもとまってて不安になりました。
あとから乗ってきた人に「新木場に行きますよね?」と聞かれ「たぶん…」と答えました。
ビッグサイトはコミティアだけじゃなく、いくつものイベントがあるみたいでたくさんの人でした。
コミティアの会場もとても広くて、自分のスペースを探すのにたいへん苦労しました。
なんとか自分のスペースを見つけると、両隣のサークルさんは準備が終わっていて、急いで準備に取り掛かりました。
大量のちらしをどけるのがいちばんたいへんな作業でした。
いよいよ一般参加者の入場となりましたが、一時間以上まったく人が来ませんでした。
そうこうしてるというか、なにもせず座ってると見慣れた顔が…
同じくサークル参加している「山坂書房」のOさんがいらしてくれました。
近況報告みたいなのをして、チョコレートをもらいました。
それからも全然人が来ず、見向きもされなかったのでどんどん気分が沈んできました。
しかし、最後の方になると、買ってくださる方もちょこちょこいらして、その場でパラパラと見てまとめて買ってくれる方や
見本誌を見て貝に来てくださる方もいらして、
目的のサークルを見終わって一段落してからぼくの本も見てもらえるのかなと想像しました。
そんなこんなで、いちおう買っていただくたびに、正の字でかずをつけていたのですが(知り合いの方は数に入れずに)
結構な数が売れてたので、うれしかったです。
こういった場でしか会えない方ともお会いできましたし。
コミティアが終わって即、中野に向かいました。
電車はとても混んでいて、天神祭りでもあったのか?と思うほど。
中野で降りると工事中で半年前に来たときとちょっと景色がちがったので、出口を間違えたかなと戸惑いました。
中野ブロードウェイのタコシェさんで「痛快乙女みよちゃん」を納品して
「ふこーめいび」「藤本和也作品集1」を買いました。
そして、次は新宿を目指しました。
いい加減疲れてきて、「こんなことしていないで、デートでもしたいなー」と思いましたが
デートする相手もいないので、こんなことでもしてないといけないなと思いました。
新宿では「模索舎」さんに納品、「別冊少女パルチザンvol.1」を購入。
品川へ向かい帰りの新幹線のチケットを購入するのでした。
帰りの新幹線で「パルチザン」を読み、ニヤリとしながら帰ってきました。
実に疲れたのでここ最近の僕のいやしのひととき「よつばと!」を読む。をするために
「よつばと!」の6巻を買って帰りました。
寝る前に「ふーこめいび」と「藤本和也作品集1」を読んで
わーすごい!!と衝撃を受け、自分がショボいのにちょっと調子に乗ってたのに落ち込みました。
調子に乗らんように気を使ってたのに、じつはやっぱり調子に乗ってたのです。
そんな東京旅でした。
コミティアで僕のマンガを手に取っていただいたみなさま。本当にありがとうございます!!
またどこかで僕のマンガを見ることがあれば、よろしくお願いいたします。

Follow me!

資料ダウンロード

アシタモのポートフォリオ2020表紙画像
ゆかいでほのぼのかわいくて、どこか懐かしい。
そんなイラスト、まんがは
小さなお子様からシルバー層まで
幅広い層の方々からご好評いただいております。
寝屋川市、リクルートなど
10社以上との取引実績があります。

過去の制作実績のPDFをぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

関西コミティアの感想