やればできることもある

料理の絵を描きました。

こんにちは。

最近、アシタモにいただいてるお仕事とは別に

よそでイラストを描いたりデザインをしたりデザインのアドバイスをしたりしてます。

家とは違う環境で不安になりながらも、いろいろしらべて工夫してます。

イラレを使った作業やフォトショで画像編集なんかは大丈夫なのですが

手描き風のイラストマップを作ることになって、なかなか大変でした。

いつもはコミックスタジオやクリスタをつかってペンタブレットで

絵やマンガを描いてるのですが、その職場にはペンタブはあったのですが

コミスタやクリスタがないので

フォトショップで描くことになりました。

コミスタ、クリスタと違ってペンの手ぶれ補正がないので線がガタガタ。

力を入れすぎず、なるべく拡大して何とか描くことができました。

水彩風のブラシの作り方もネットで調べて満足のいくものが描けました。

イラストマップに載せる料理の絵も、いままで料理の絵は苦手で

描けるかどうか不安でしたが、トレースすることなく満足のいくものが描けました。

イラストマップも載せる情報などをいただいて、

デザイン、レイアウトはほぼ全部やらせてもらって、よい経験になりました。

このイラストマップを作る直前に、「寝屋川文化芸術祭」のイラストマップの制作

桂ヴィレッジアラウンドのイラストマップのお手伝いをさせてもらったことが

大いに役立ちました。

限られた環境で工夫してやってみたりして、

うまくいったのはうれしかったし自信にもつながりましたね。

教えたりアドバイスしたり

デザインの学校に行っていたということで、職場でデザインの講座ををやったり

レイアウトのアドバイスをしたりしてるのですが、

そこまでがっつり教えてもらったわけでもなく、

どっちかというとビジュアルメインのものばかり作ってたので

あらためてデザインの本を読んだりして、勉強してます。

でも、アドバイスしたりしてると、言い切ってしまうことも

けっこう大事やなと思ったりします。

いままでなら、「こう思うけど自信ないからまあ何も言わなくてもいいわ…」

みたいな感じで、人にものを教えるどころか

自分がどう感じたかすら言うこともなかったりしたのですが、そう思ったものをそう!

といってしまえばなんだか、なんだか自分がしっかりした人のようで自信が湧いてきます。

学校でプレゼンをする機会が多かったことがよかったのだと思います。

似顔絵のペン

日曜日は似顔絵でした。

地域のお祭りのような内々でやるような感じのお祭りで

3年ほど毎年参加させていただいてます。

畳の上でやる感じなので親せきの家っぽくて、そこはかとなくだらけてしまいます。

似顔絵はすぐ乾いて耐水のピグマというミリペンを使ってるのですが

線に強弱がつけられなくて、シャープな感じを出すことが難しいので

すぐ乾いて耐水の筆ペンを買ってきて使ってみたけど難しいので

ミリペンで描きました。

つけペンのインクがもっと早く乾けばいいのですけど。