マンガの仕事

アシタモのゆかいマンガ世界

マンガを描いてお金をいただく

こんにちは。

ゆかいでほがらかちょっと昭和な感じのレトロなマンガを描いていますアシタモです。

ありがたいことに、最近はマンガを描くお仕事をいくつかいただいております。

いずれも企業とかサービスとか商品とかをPRするといった感じのマンガで

同時に描いていると、ちょっとごっちゃになってきたりします。

はじめてのお仕事

はじめていただいたマンガのお仕事は

関西の私鉄、地下鉄の駅に置いてある無料情報誌で

PitapaカードというICカードのPRマンガの連載でした。

【実績】「PitapaカードPRマンガ」

いきなり大きな仕事で胃が痛くなったものです。

このお話がいただけたきっかけは

いつもお世話になっているギャラリー「三文アートcafeそらのまめ」さんで

のんきにコーヒーを飲んだりしていたら

オーナーの知り合いの方がいらして、名刺をお渡ししたら

その方が編集プロダクションのちょっとした方で

ちょうどマンガ家を探してる編集者さんに

「こんな人もいるよ。」と僕の名刺を渡してくださり

その名刺を見てお声がかかったと、こういうわけです。

名刺のウラに、ぼくが描いてるマンガ「痛快乙女みよちゃん」の抜粋を載せていて

それを見て昔懐かしい「日ペンの美子ちゃん」的なマンガにできるのではと

編集者さんはおっしゃってました。

営業とか

お仕事をいただくには営業とかしなくてはいけません。

出版社とか編集プロダクションとか広告代理店に売り込みです。

僕は苦手です。

でも一時期やってました。

今もやらなくてはいけないのですけど、つい後回しにしてしまいます。

一時期、営業の電話などをしていたときは

まず、出版社や編集プロダクションや広告代理店を調べて

「お忙しいところ申し訳ありません、私マンガやイラストを描いてるアシタモと申します。

ぜひ一度作品を見ていただきたくお電話させていただきました。」と手帳にメモをしておいて

電話してそれを読み上げるみたいな感じでやってました。

めっちゃ、カミカミでした。

なるべく直接会って、見てもらえるようにお願いするのですが

ネットでURLを送ってくださいとか、ポートフォリオを送ってくださいとかが

多かったです。

でも、会ってくださったところもあって、

心臓バクバクでポートフォリオを持っていきました。

もうあれもこれもと詰め込んだポートフォリオを。

ポートフォリオ

ポートフォリオについてはのちのち、セミナーに行って勉強したり

デザインの学校で勉強したりして、あまり分厚くない方がいいことや

作品の制作時間やラフなどの工程も載せたりするのいいということを学びました。

自分が作ったポートフォリオが

ただただ作品を印刷したものをあれもこれもと詰め込んだけで

どっちゃり分厚くて、重くて

間違いだらけで、なんだか恥ずかしかったです。

売り込み

さて売り込みですが、電話やメールで売り込みのほかにも

クリエイターの交流会やセミナーに参加したりして

名刺を配ったりもしてました。

そんなある日「売り込みもガンガン売り込みに行くのじゃなく

なんとなくふらっと遊びに行く感じで、

そこで知り合った人たちとなんとなく仲良くなるくらいのスタンスでやるのがよい」

ということをネットで聞きかじり

なんかそんな感じでちょっとした集まりに行ってみたら

そこで知り合えた方からお仕事の話いただいたりしました。

経由

ありがたいことにマンガやイラストのお仕事いただけていますが

お仕事のお話をくださる方は似顔絵で知り合った方とか

ラフな感じでライターさんや編集の方が集まる場で知り合った方とかから

いただくことが多いです。

WEBからの集客もたまにいただくこともあるのですが

こちらは、まだまだ改善していくべきことが多いですね。

もっとこう、強みを前面に出すとかかな…

昭和レトロな感じの作風とか毒気のない健全な感じとかですかね。

あと、自分のサイトだけでなく

Lancersとか

COCONALAとか

レトロ漫画風にがおえ描きます ゆかいでほのぼのどこか懐かしい漫画風の似顔絵はいかがですか?

skebとかも

うまく使っていきたいです。

値段

イラスト等の価格交渉とかも苦手です。

もうこれはいろんなイラストやマンガ制作のお仕事をされてる方のサイトを見て

それを参考にして全部決めちゃってます。

でもやっぱりお金の話となると、どうにも弱気になってしまうので

ここもしっかりやっていかないといけないなと思います。

いただいてるお仕事

マンガのお仕事以外にも、キャラクターデザインやらイラストマップ

チラシの制作、ラインスタンプなどいろんなお仕事をいただいてます。

これからもどんどんがんばっていかないかんなー

ゆうてます。

ドンドン

【過去の実績一部】

【お問い合わせ】