名探偵ピカチュウを観ました

かわいさを抜きにしても

「名探偵ピカチュウ」を観ました。

ポケモンが人間と共生する町ライムタウン。

いろんなポケモンが町にいて、

ガ―ディーやヒトカゲを連れて歩く人たちがいて

なんともうらやましいね。

ピカチュウもかわいいね。

なんて思いつつ観てたんですけど

途中からは痛快冒険活劇に大興奮してしまいました。

エンディングに流れる歌が胸に秘めた少年時代をくすぐり

涙がちょちょぎれましたね。

というか音楽も全編にわたってよかったですよ。

観終わって映画館の出口へ向かう途中、

観終わった人たちが子供の頃観たポケモンの映画の話をしていたのもよかったです。

意欲

「ラ・ラ・ランド」を観た後は

胸キュンのマンガ

「痛快乙女みよちゃん」を描く意欲がわきましたが

こういうワクワクとかさせてもらえる映画を観ると

大冒険とかするような

おきらく冒険マンガ「冒険少女」とかを描きたい意欲がわきましたね。