読書とかネタバレ?

こんにちは。アシタモです。
ここ最近の読書。
ヘッセ「シッダールタ」
シッダールタが悟りを開くまでの話。
シッダールタって言っても、あのゴータマ・シッダールタじゃなくて
架空の人物のお話です。
序盤のなんか直訳しただけのような文章の読みにくさに
読むのを諦めかけましたが、それもほんの序盤だけで、あとは何の違和感もない文章になりました。
僕が読んだ時期もよかったのでしょう、いろいろ感銘を受けましたよ。
おもしろかったです。
どうです?なんの感想にもなってないでしょう?
さて次は
仁木英之「僕僕先生」
ニート青年が仙人の弟子となり旅をするお話。
ニート青年といっても、舞台は昔の中国です。
仙人もツンデレ美少女です。
なんだかライトノベル的な感じですね。
あまり小説を読んでいるという感じはしませんでした。
キャラが立っていて、読み終わってずいぶん経ちますが
この登場人物を、ふと思い出すことがあります。
あと、このツンデレ仙人から香る香りを「杏の香り」と表現してたのがすごく好きです。
何度も出てくるんです。この杏の香り。
そのあと読んだのが
川端康成「花のワルツ」
短編集なのですが、この中の「朝雲」という作品が好きで
本棚から引っ張り出して読んだってワケです。予備校時代以来にネ。
文章がきれいで、風景もすっと浮かんできて美しい小説だと思います。
百合萌えの方も楽しめるかもしれません。
こないだ、ドラクエ談義に花を咲かせたので、ドラクエ熱が再燃。
ドラクエ9のほったらかしにしてた配信クエストを進めてます。
やっとこさ、リッカを仲間に出来ました。
って言ってるうちにドラクエモンスターズジョーカー2が水曜日に出るんですね。
それまでにイザヤール仲間に出来るかな。