6月9日読書感想

先日、稲垣足穂の短編集「一千一秒物語」の表題作「一千一秒物語」を読み終えたところで
同じ稲垣足穂の「ヰタ マキニカリスⅡ」とちくま文学全集「尾崎翠」をお借りしたので
一千一秒物語を一旦お休みして、先に「ヰタ マキニカリスⅡ」を読むことにしました。
一千一秒物語のシュールさに閉口してたので、他の短編はどうかなと思いつつ読んでみると
まあ、読んでも読んでも頭に入ってこない、なんとなく全体の話は理解できるのですが
読んでる最中は、この人はなにを言ってるのだろうという感じでした。
タルホは合わないんかな?
とはいうものの「薄い街」や「ココア山の話」はちゃんと読めたし、おもしろかったです。
「薄い街」はSFっぽいです。
「ココア山の話」は国語の教科書に載ってそうで、メルヘンチックで、
なんといっても台詞回しがいいですね。
それでこの本を貸してくれたのかなと思います。
で、今は尾崎翠を読み始めたところなのですが、
これは好きそうな感じです。



Follow me!

単行本『痛快乙女みよちゃんショート』発売中!!

痛快乙女みよちゃんショート表紙
どこかなつかしくって、小難しいことを一切考えず、
明るい気持ちで楽しめるわんぱくラブコメディ。
真綿のようなノスタルジー。
差し支えのないファンタジー。
他愛のなさが心地よい、
ゆかいでかわいい1ページ恋愛まんが
ゆっくり読んで、今日は寝よう。
キミもみよちゃんにラブ・ミー・ドゥ。

おかっぱ女子のみよちゃんと恋人の田辺くんとの
ひたすらにしあわせな日々。

恋がしたくなる1冊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

LOVE 80