読書感想「横道世之介」

世界が好きになる

吉田修一「横道世之介」を読みました。
何気なく買ったこの本。すごく感動しました。
通勤の行き帰りの電車でチマチマ読み進めてたのですが、その時間が至福のひと時でした。
電車の中で感動して、涙をこぼしたこともありました。
このまま読み進めると電車の中で号泣してしまいそう。と、読むのを中断したこともありました。
というと、なんだか感動のお涙頂戴的な小説なのかとお思いでしょうが、そんなことはなく
大学生ののほほんとした単なる日々がつづられたお話。
コメディです。でも、ちょっとシリアスになったり。
ぼくはどこかガンダムZZと通ずるものがあるなと感じました。
主人公の世之介はもちろん、登場人物がみんなすてきで、もうこの世界が大好きになりました。
いつまでも浸っていたい世界でした。
読み終えてからは数日、この小説のことばかり考えてました。
映画化もされるそうで、予告編も見れますが、
これからこの小説を読もうという方は本を詠み終えてから見ることをオススメします。

 

Follow me!

単行本『痛快乙女みよちゃんショート』発売中!!

痛快乙女みよちゃんショート表紙
どこかなつかしくって、小難しいことを一切考えず、
明るい気持ちで楽しめるわんぱくラブコメディ。
真綿のようなノスタルジー。
差し支えのないファンタジー。
他愛のなさが心地よい、
ゆかいでかわいい1ページ恋愛まんが
ゆっくり読んで、今日は寝よう。
キミもみよちゃんにラブ・ミー・ドゥ。

おかっぱ女子のみよちゃんと恋人の田辺くんとの
ひたすらにしあわせな日々。

恋がしたくなる1冊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。