3年越しでゼルダの伝説ブレスオブザワイルドをクリアしました。

ブレスオブザワイルドのリンクの模写

自分に合わないタイプのゼルダかも

『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』は2017年の3月3日にニンテンドースイッチ版とWiiU版が発売されました。

その頃はスイッチは品薄でなかなか買えず…

というか、その頃の僕自身が仕事的にゲーム機を買えるような状況じゃなくて

スイッチはすごく欲しかったのですが、我慢してて

ゼルダもいつかスイッチを買うときに一緒に買おうと思ってたのですが

我慢できずにWiiUは持ってたので、WiiU版を買ってしまいました。

しかし、その頃の僕は仕事的にのんきにゲームをしてる場合ではなかったので

ちょこっとやってはしばらく放置を繰り返していました。

おそらくこのゼルダはものすごく腰を据えてやるようなタイプのゲームで

やりだしたら一回のプレイで2時間3時間ではすまないような雰囲気がプンプンしていたので

ハマる前にやめたりしていました。

とはいえ、今までのゼルダとの違いに違和感が大きくてなかなかハマれずにいたというのもありました。

体力回復のハ-トが敵をやっつけても、草を刈っても出てこないので

体力回復がままならない。

武器はしばらく使ってると壊れてしまうので、なるべく戦闘を避ける。

めっちゃダメージ食らうので急に死んでしまう。

ブレスオブザワイルドは今までのゼルダで一番ゲームオーバーになった回数の多いゼルダです。

ちょっとやっては放置を繰り返しながらやってたので、

塔に昇って周辺地図を手に入れるということがすっぽり抜け落ちてて

地図はきっと町で買えたりするのだろうと、しばらく地図なしで進めてました。

ゾーラの里も地図なしでクエストの目的地の印を頼りに

道なき道をなんども死にながら這う這うの体でたどりつきました。

本来ならば途中で出会うはずのキャラがいたことも後で攻略サイトを見て知りました。

たまにプレイしても途中で祠を見つけて寄り道をしてしまい

なかなか先に進んでる気がしなくて、

これは自分に向いてないゼルダなのかも…

と思い始めました。

みんな「ブレスオブザワイルドは神ゲー」「最高のゲーム」と言っているけど

そう思ってない人もいるのではないかと

「ブレスオブザワイルド 合わない」などの検索ワードでネット検索したりしました。

そういう人もいたりして、ちょっと安心して自分も今回のゼルダは合わない人だったんだなと納得しました。

意を決して

とはいえ聞こえてくるのは「ブレスオブザワイルドはすごい」の声。

ゾーラの里の神獣のボスが倒せずにプレイをやめていたのですが

攻略サイトを見ながらでもいいからクリアすることにしました。

そして、寄り道をせずクリアすることを目標にして。

塔に昇って周辺地図を手に入れることを知り、

武器はどんどん使っても簡単に手に入れられることを知り

戦闘にも慣れていきました。

料理も積極的にして体力回復への不安もなくし

狩りを行い、調理して売ってお金にも余裕が出てきました。

そんな感じでハイラルをうろついてると

ちょっとした寄り道をしても

いままではまったく先へ進んでる感じがしなかったのに

肉を手に入れたということだけでも、着実に先へ進んでいるという実感が湧いてきました。

この世界でのやっていき方がわかってきて、一気にラストまでストーリーを進め

クリアすることができました。

もっとハイラル中を駆け回り、よじ登りしたかったのですが

それほど自分自身に余裕がある立場でもないので

じっくり腰を据えてゲームってのは気が引けたのでいったん終わらせました。

ストーリーもだんだんとプレイしながらこの世界に慣れていく自分と

シンクロしていくようなストーリーでよかったです。

また、音楽が大河ドラマっぽくて壮大でした。

ともかく大冒険で最高でした。

自分に合わないゼルダではなかったです。

めちゃめちゃハマりました。

またプレイしたくなってるので、エキスパンションパスを買おうかとも思うのですが

今はスイッチも持っているので、スイッチ版を買ってまた最初からやろうかなとか思ってます。

つぎはのんびり寄り道しまくりで。

 

 

これからはじめる『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 』

 

 

Follow me!

単行本『痛快乙女みよちゃんショート』発売中!!

痛快乙女みよちゃんショート表紙
どこかなつかしくって、小難しいことを一切考えず、
明るい気持ちで楽しめるわんぱくラブコメディ。
真綿のようなノスタルジー。
差し支えのないファンタジー。
他愛のなさが心地よい、
ゆかいでかわいい1ページ恋愛まんが
ゆっくり読んで、今日は寝よう。
キミもみよちゃんにラブ・ミー・ドゥ。

おかっぱ女子のみよちゃんと恋人の田辺くんとの
ひたすらにしあわせな日々。

恋がしたくなる1冊。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。